刊行物

 

森元暢之作品集(1)「ぴあ」の時代1 

著:森元暢之

116P

インターネットの黎明期。情報誌「ぴあ」の関西版のテレビ欄下に好き勝手なことを描いていた「ガロ」出身の漫画家がいた。

寡作の漫画家森元暢之の埋もれていた原稿を刊行していくシリーズ第一弾。

大阪ド・ローカルな原風景をバックに一見ほのぼのエッセイ風に描きながら、人間の心の闇をさらりと混ぜ込む森元ワールド。少年どうしのうつくしい友情も描く。

繊細な心象描写、青年の孤独に寄り添うようなあたたかい作風は根強く支持されている。「ガロ」の森元暢之しか知らないファンにとっても貴重な作品集。

 

 

森元暢之作品集(2)「ぴあ」の時代Ⅱ 

著:森元暢之

124P(カラー38P含む)

 

震災のあった1995年より 1997年月号までをを収録。(カラー38P含む)壁に「希望」という紙を貼って猫と暮らす孤独な青年の生活記録を軸に、時に

フィクションを交えながら展開。「人間が人間を捨てる」という重いテーマや、少年どうしのうつくしい友情を描いた回も多々あり、このマイナーな漫画をさえ包括していた「ぴあ」という雑誌の存在意義の大きさも感じさせる一冊。

僕に宛てて

ことば:渕上純子

絵:デュフォ恭子

*本文総ルビです。

 

京都在住の音楽ユニットふちがみとふなとの楽曲「僕に宛てて」を元にしたデュフォ恭子のアニメーション作品から生まれた絵本。

動物たちのどこかユーモラスな表情や動きを、イメージを損なうことなく再編成しました。
大人にも小さなお子様にも長く大切に読んでもらえますように。

 

「僕に宛てて」(作詞作曲:渕上純子);「ヒーのワルツ /ふちがみとふなと」YHL-007(吉田ハウスレーベル)に収録

http://yoshida-house-label.tumblr.com/

「僕に宛てて」(アニメーション製作:デュフォ恭子)http://kyokodufaux.com/videos